東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック】で!独自の漢方丸薬で治療を行っています

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

臨床日記

気管支喘息:65歳男性

喘息の吸入剤

喘息の吸入剤

お酒が好きで、飲み過ぎると咳がひどくなり、さらには喘息が起こってくる。普段は西洋医で気管支拡張薬の吸入剤とステロイドの吸入薬をもらっている。何とかならないかとの相談を受けた。

気管支喘息に使われる漢方薬は麻杏甘石湯とか神秘湯、さらには五虎湯などが使われる。山本先生は小青龍湯加杏仁、石膏、蘇子、桑白皮を使っていた。

漢方薬で気管支拡張作用が強いのが麻黄だ。だから上記の漢方薬にはすべて麻黄が入っている。これが面白くない。麻黄はおそらくはβ2レセプターを刺激するので、気管支は拡張するが、心臓にも促進的に作用して、高血圧や動悸を起こしてくる。こういうものを服用するくらいなら西洋薬の吸入剤のほうがよほどましだ。

気管支喘息で処方される漢方薬と含まれる生薬

では麻黄以外で気管支拡張作用のある生薬はどれだろう?
厚朴、桑白皮、蘇子などに可能性を感じる。それだけでなく、平滑筋を緩める生薬を検討せねばならない。
細気管支の平滑筋と腸管の平滑筋はもちろん異なるが、平滑筋を緩めるという立場から分析を行ってみるわけだ。

厚朴は消化管の平滑筋を緩める作用も細気管支の平滑筋を緩める作用もある。
血管の平滑筋を緩める丹参、釣藤鈎、黄連なども候補に入れて患者さんに協力してもらって処方を作っていった。すると、とても強力な丸薬ができた。これは心臓に対しての刺激作用がまったくなく、大変よく効く。おまけにたくさん飲んでも何の副作用もない。
患者さんは時々この丸薬を少しだけ飲むだけで調子よく暮らしている。

起坐呼吸。苦しくて横になれない

起坐呼吸。
苦しくて横になれない

以前、起坐呼吸(息が苦しくて寝転ぶことができない。)の患者さんに大変よく効いたことがあり、印象的だった。

吸入剤がない時代、漢方は喘息に一定の効果があったと思うが、現在の医療の中では、西洋薬より利点のある漢方薬を作らねば漢方薬の存在意義が問われることになる。

  • 香杏舎で診察をお考えの方へ
  • 遠隔診療について
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

- 読み物 -

RSS

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~神戸は漢方相談のみ行っています~

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:30~19:00
土 曜 日10:00~13:00

初診の方へ

ページの上へ

香杏舎銀座クリニック

TEL.03-6228-6763

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4 ヒューリック西銀座第2ビル3階

Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.