漢方治療

腰痛
(ぎっくり腰、寝腰、昼腰)

疾患・症状

腰痛の大半は原因が不明で、MRIでも異常がありません。
長時間にわたる座り仕事や重い物を持つことが多い仕事、介護現場などで腰痛を訴える人が多いようです。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

軽い動作で腰に突然、激痛が走り、動けなくなってしまいます。
原因は腰部の筋膜や靭帯、軟部組織の損傷といわれてはいますが、それほど腰に荷重のかかる動作でなくても起こるので原因は不明です。一度起こすと何度も繰り返して起こす場合が多いようです。

寝腰(ねごじ)

朝起きた時に腰が痛みます。洗面所で顔を洗おうと屈むととても痛くてかがめません。腰を動かしているうちに段々と痛みが和らいできて痛みは消えてしまいます。その後はほとんど1日中痛むとはないのですが、長時間、同じ格好で座っていたりするとまた動かし始めに痛みますが、朝ほどは痛みません。

昼腰(ひるごし)

動けば動くほど、働けば働くほど痛くなってくる腰痛です。
原因は腰の許容範囲を超えて負荷がかかる、例えば重い荷物を運ぶ仕事をしている、などで、自分の体が耐えられる以上の負荷がかかる場合、老化で腰が衰えてきた場合、運動不足で腰が硬くなってしまった場合にみられる腰痛です。

西洋医学での主な治療

シップ、痛み止めの薬、腰の電気治療などが行われています。
整骨院でマッサージを受けている人もいます。

繰り返して腰痛が起こることが多く、なかなか痛みを解消できません。

香杏舎銀座クリニック
での治療

検査で異常がない腰痛を3つに分けて治療しています。
原因が不明だといってもこの3つの病態は独立していて薬も全く別になります。例えば、寝腰の薬は寝腰にしか効きません。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の治療法
治療しなくても2~3週間ぐらいで治ります。
しかし痛みがひどいので、早く治してあげる必要があります。
調栄活絡湯(ちょうえいかつらくとう)を加減した丸剤がよく効きます。
整体もよく効きます。
寝腰(ねごじ)の治療法
四物湯を加減した丸剤で治します。整体は効きません。
組織の肥厚による圧迫の治療法

五積散(ごしゃくさん)、独活寄生湯(どっかつきせいとう)などから有効な生薬を選び、それに筋骨を丈夫にする生薬を加えて丸剤にしたものを使います。整体もよく効きます。

保険の漢方薬である八味丸(はちみがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、疎経活血湯(そけいかっけつとう)などはあまり効きません。

平均治療期間

ぎっくり腰 1週間~10日
繰り返し起こさないように養生の注意をします。
寝 腰 1~2か月
昼 腰 3~6か月
丸剤には痛みをとる成分と筋肉を丈夫にする両方の薬が入っています。
基本的に仕事がハードなために起こります。薬を飲むと痛みが和らいできます。しばらく続けることで腰も丈夫になります。

今まで数多くの患者さんを診察してこの3つの分類を作り上げました。
昼腰の患者さんの多くは痛み止めを飲んだり、整骨院に行ったりしながらなんとか痛みを堪えて仕事をしている人がほとんどです。
激しい痛みが少ないし、また根本治療が無いので重大視されずにきました。
最近はストレスが原因だという心の病説までありますが、間違いです。

治療の症例

Y.M. 様(38歳)男性 <寝腰>

朝起きて立ち上がるときから痛い。歯を磨こうとしてもなかなか屈むことができません。
近くのお医者さんでシップや痛み止め、八味丸などをもらったがよくならず来院されました。当院の薬を1か月飲むことで完治しました。

K.C. 様(56歳)女性 <ぎっくり腰>

昼に椅子から立ち上がろうとして急に腰が痛くなりました。以前にもなったことがあり整形外科にいっても治るまでに時間がかかるので、漢方で治療できないかとの電話があり、来院されました。

両脇を家族に抱えられて診察室に入って来られましたが、薬を飲んで40分ほどで、一人で歩けるようになり、大変喜ばれました。
症状が完全にとれるまで一週間かかりました。

診察予約はお電話で

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように
完全予約制 で診察を行っています。
診察をご希望の方は、まずお電話ください。

03-6228-6763

03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金 10:30~19:00 / 土 10:00~13:00

ページトップへ戻る