漢方治療

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎(アトピー)には当院の漢方丸剤と食事療法で治療を行います。
実際、当院での アトピーの治療成績は大変よい と考えています。
アトピーでお悩みの方はぜひご相談ください。

疾患・症状

皮膚がカサカサして痒くなる病気です。痒いのでかきむしると傷ができてそこにバイ菌が入るとジュクジュクして膿が出るようになります。
ジュクジュクするのはバイ菌ためで、これはアトピーとは違う病気です。

病気の背景に乾燥肌があり、遺伝的要素があるとも言われています。国民の10%がこの病気にかかっています。
原因は不明です。

西洋医学での主な治療

ステロイドの外用剤 一時しのぎにしかなりません。皮膚の免疫が落ちてバイ菌が感染やすくなります。
長期間使用すると皮膚が薄くなってきます。
免疫抑制剤の外用薬 塗り始めにヒリヒリした痛みを感じることがあります。
皮膚の免疫が弱るので、毛のう炎、カポジ水痘様発疹症(口のまわりにできるヘルペスの水疱が広がった状態)などを起こします。
長期にわたって使った場合の安全か分かっていません。
抗アレルギー剤の内服 あまり効きません。
眠くなったり、体がだるくなったりします。

香杏舎銀座クリニック
での治療

丸剤の内服と糖分を控える食事療法で治します。

炎症を抑える黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、免疫を上げる補中益気湯(ほちゅえっきとう)などから効く生薬を分析して集めて丸剤を作り上げました。塗り薬は使いません。

糖分を控えることも大事 で、せっかく治っても沢山甘い物を食べていくとまた再発します。
甘い食べ物を控え、丸剤を飲んでいくことによりアトピーは消失します。 後は再発しそうな時に丸剤を少し飲むだけで治るようになります。

実際の症例をご覧いただければ、アトピーに丸剤がよく効くことをおわかりいただけると思います。
また、実際、当院でのアトピー治療成績は大変良いと考えています。

平均治療期間

3~6か月

厳密に食養生をすれば3か月でよくなりますが、そうでない場合は6か月くらいかかります。

完全に良くなっても甘い物を取り続けると再発します。ただし、少しの薬でまた治るようになります。
甘い物には、お菓子、チョコレートといったものだけでなく、ビール、酎ハイといった糖分の多い酒や果物も含まれます。
食品に含まれる糖分、例えば米に含まれる糖分は気にしなくても大丈夫です。

以前から漢方医は糖分制限をアトピー患者に呼びかけてきましたが、最近では西洋医学の先生も糖分制限を言うようになりました。

民間治療と
日笠から見た疫学

アトピーは先進国に多く、発展途上国には少ないようです。貧しい国にはほとんどありません。公害説や回虫が減って免疫が落ちたせいなどいろんな意見がありますが、原因は分かっていません。

民間治療では強酸性水の塗布、木酢液を風呂に入れる、ぬか風呂、断食、月見草油など多くの治療が試みられ、アトピーの患者さんは治療そのものに懐疑的になるくらい様々な方法がありますが、どれも決定的と言うものはありません。

時々、重症の患者さんが自然に治ってしまうこともあります。重症のアトピーの医者が四国の田舎の病院に転勤すると自然に治ったとか海外にいくとアトピーが無くなったという症例を知っています。まだわからないことの多い病気です。

先進国ではアトピー性皮膚炎は犬や猫にもある病気になりました。
日本が高度成長する前にはなかった病気なので、アトピーはアレルギー疾患とはいいますが、生活習慣病の要素がある病気だと思います。

実際の治療症例

I.Y. 様(28歳)女性 会社員

アトピー性皮膚炎、手の治療症例

民間治療が効かないため来院した患者さま。漢方薬の内服だけで4か月後には皮疹は消失しました。
その後、薬を止めて甘い物をたくさん食べると少し痒くなることがありましたが、2~3日薬を飲み、その後食事療法でアトピーは消失しました。手の荒れがなくなって洗剤が浸みないので痛くないと喜んでくれました。

I.Y. 様(17歳)男性 学生

アトピー性皮膚炎、お尻の治療症例

高校男子の臀部の写真。いくつかの病院で自己損傷を行う精神異常があると診断されました。爪による皮膚の損傷がひどく、下着は血と膿で汚れていました。臀部の湿疹はアトピーと考えました。

1~2か月後の写真。傷口がほとんどふさがっているのがわかります。この後、塗り薬は使用せず漢方の内服のみで完治しました。臀部だけにアトピーがあって治りにくかったため精神異常があるように誤解された症例でした。

I.N. 様(34歳)女性 会社員

アトピー性皮膚炎、背中の治療症例

入院しなければならないほど重症のアトピーの患者さま。数カ月の治療でここまで改善しました。本人も喜んでいます。その後半年ほどで綺麗な皮膚になりました。

T.T. 様(70歳)女性 主婦

アトピー性皮膚炎、顔の治療症例

子供の時にアトピーをしたことはありません。70歳で初めて湿疹がでてアトピーと診断されました。最近はこのような高齢のアトピーの患者もいます。
6週間でアトピーは治りました。以前からアトピーは高齢者にはありませんでしたが、最近では時々見られるようになってきました。子供の時にアトピーを経験していない人は治りが速く、再発もないようです。

診察予約はお電話で

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように
完全予約制 で診察を行っています。
診察をご希望の方は、まずお電話ください。

03-6228-6763

03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金 10:30~19:00 / 土 10:00~13:00

ページトップへ戻る