東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック】で!独自の漢方丸薬で治療を行っています

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

香杏舎ノート

第221回「イッセイミヤケ・メンズがなくなるとは」

死ぬまでに一度は紺のストライプスーツが着てみたい。
開業医にはストライプの入った少しばかり派手なスーツを着る機会がない。
そもそも私はスーツという服を持っていない。寂しい限りだ。

でもジャケットは普段に着る。だから面白いジャケットを探して着ている。
お気に入りはイッセイミヤケのジャケットだ。
イッセイミヤケの服は手間がかからず、着やすいだけでなく、遊び心がある。

イッセイミヤケジャケット Café 写真のジャケットはCaféという題名のついたジャケットで、シルクやウールが複雑に織り込まれている。着古しているから傷んでいるがとても面白い色をしている。よく見るとコーヒーにミルクを流したような文様になっている。

初めから薄汚れた感じがいい。とても街で着られそうもないように思えるが、実際に着てみると、それほどでもない。

最近、背中の生地が薄くなって破れた。そこでミシンで破れたところを修理した。
ダメージのジーンズがあるようにダメージのジャケットがあってもいい。
昔はコーデュロイのジャケットの肘が破れたら布を当てて修理した。そんな気持ちで着ている。

もう2着ほど面白いイッセイミヤケのジャケットを持っているが、それは裏生地がとても派手なもので、それには江戸の火消しの伝統が息づいている。
それを書いた記事を参考に載せておこう。

現代のジャケット1

有名ブランドの真面目なジャケットを私のようなジジイが来ていると、箪笥の肥やしになっていた古いブランドものを引っ張り出してきているように思われかねない。
そういった意味でもイッセイミヤケのジャケットはよかったのだが、ついに作られなくなってしまった。

香杏舎ノート の記事一覧へ

  • 香杏舎で診察をお考えの方へ
  • 遠隔診療について
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

- 読み物 -

RSS

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~神戸は漢方相談のみ行っています~

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:30~19:00
土 曜 日10:00~13:00

初診の方へ

ページの上へ

香杏舎銀座クリニック

TEL.03-6228-6763

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4 ヒューリック西銀座第2ビル3階

Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.