東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック】で!独自の漢方丸薬で治療を行っています

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

香杏舎ノート

第226回「暗闇の恐怖」

昼でも暗い木立私の車は昼間でも暗い木立の前で立ちすくむように止まっている。この辺りは熊が出る。

15年も乗っている車は一度も壊れたことはないが、田舎道で壊れることがあってもおかしくはない。
深夜、真っ暗な中でこんな道を走るのはとても怖い。人家は何キロも先だし、車を止めると、静寂が辺りを支配している。

屋根を閉めているとそれほどでもないが、屋根を開けると途端に恐怖心が増す。まるで真っ裸にされて、木立の中に置き去りにされたような恐怖を感じる。あの世の入り口に立ったような気分になる。

千日回峰行の塩沼氏の回顧

千日回峰行を行った塩沼氏のインタビューをテレビで見ていた。すると、とても面白いことを言っていた。

回峰行は夜中の12時半に出発して24キロを往復して48キロの山中を毎日、歩く荒業だ。その道中で、とても怖い場所があるという。人の声が聞こえたりするらしい。

怖い道私も元気がないと車を走らせることのできない怖い道がある。

ただ恐怖を時々感じることは悪いことではないと私は思っている。自分の生き方を反省する機会になるからだ。
自分がしていることは間違っていないか、いつも走りながら考える。そうすると、何やら勇気が湧いてくる。

走りながらアンドレア・ボッチェリのCDを聞く。CDは非常勤医師である高崎先生が音痴の私のためにくれたものだ。
最近のお気に入りは、ドクトル・ジバゴのララのテーマだ。

月明かりの日も

月明かりの日はずいぶん恐怖心が薄らぐ。木立の中は怖いが、そこを抜け、視界が広がった道になるとライトを消して走れるほど明るく、農家の屋根瓦が月明かりに光って見える。

秋は虫の音、梅雨は蛙の声が聞こえ、タヌキやシカ、キツネが私を迎えてくれることもある。

香杏舎ノート の記事一覧へ

  • 香杏舎で診察をお考えの方へ
  • 遠隔診療について
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

- 読み物 -

RSS

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~神戸は漢方相談のみ行っています~

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:30~19:00
土 曜 日10:00~13:00

初診の方へ

ページの上へ

香杏舎銀座クリニック

TEL.03-6228-6763

〒104-0031
東京都中央区京橋3丁目3-14 京橋AKビル7階

Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.