東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック(旧ヒガサクリニック)】で!-神戸では【順天診療所】で漢方治療を行っています!-

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

漢方治療

慢性前立腺炎

疾患・症状

慢性前立腺炎膀胱と尿道がつながる場所に、尿道を取り囲んで前立腺という臓器があります。前立腺の生理的な作用は不明ですが、老化と共に肥大し、尿道を圧迫することが知られています。
この前立腺に細菌が入り込んで炎症を起こすことを前立腺炎といいます。

急性の前立腺炎は抗生物質で治療しますが、慢性になると治りにくくなります。慢性の前立腺炎でも無菌性、つまり検査によって細菌が発見されない前立腺炎には有効な治療法はありません。下腹部の不快感、ソケイ部や会陰に鈍い痛みや不快感があり、頻尿や残尿感が出現し、排尿時にも不快感が出てきます。

西洋医学での主な治療

慢性前立腺炎の治療には、膀胱の筋肉の緊張を弱めるセルニルトンや抗生物質、向精神剤などが使われますがあまり効きません。
保険漢方薬では猪苓湯(ちょれいとう)も使用されますが、これも効果がないようです。
無菌性の慢性前立腺炎は治りにくい病気の一つです。

香杏舎銀座クリニックでの治療法

無菌性の慢性前立腺炎は2つの要素からなっていると考えています。
まずうっ血です。前立腺は腹腔の一番下にあるため静脈血が溜まりやすく、下腹部の不快感が起こってきます。
さらに無菌性だと言っても細菌や白血球がみつからないだけで、炎症が起こっていると想像しています。さらに、長引く炎症で繊維芽細胞の増殖などによる組織の変化も起こっているはずです。

治療は血液の流れをよくして炎症を抑える牡丹皮(ぼたんぴ)を中心にして、桔梗(ききょう)、枇杷葉(びわよう)を加え、さらに硬くなった組織を柔らかくする生薬を加えた丸剤で治療します。
漢方がよく効く病気の一つです。(症状がひどい人には会陰に鍼を打つことがあります。よく効きますが、場所が場所だけに希望者以外には鍼をしません。)

平均治療期間

2~3か月

実際の症例

O.T.様(59歳)男性
泌尿器科からの紹介患者さん。バクター、セフゾンなどを投与したがよくならないので来院。
丸剤の服用で1か月で症状が消失。念のためさらに2週間薬を飲んでいただいて完治しました。
T.T.様(66歳)男性
長期間に渡って慢性前立腺による下腹部の不快感に悩んできました。少量の瘀血(おけつ)を取る漢方丸薬を飲むことで不快感は消失しました。調子がいいので1年以上にわたって飲み続けています。

脱肛

疾患・症状

腸の粘膜が肛門から出てしまうのを脱肛といいます。指で押し込むと肛門の中に入りますが、また出てきます。
直腸肛門脱は上着を抜いだ時に袖が裏返ってしまうように腸が反転してウインナーのような形で肛門から飛び出すことを言います。

西洋医学での主な治療

西洋医学では手術しか方法がありません。

香杏舎銀座クリニックでの治療法

人は毎日排便するので肛門にはいつも下に押し出す力がかかっています。歳を取ると筋肉に緩みができて脱肛になりやすくなります。
漢方には筋肉を丈夫にし、升提作用(しょうていさよう)といって下がった臓器を持ち上げる作用のある薬が知られています。柴胡(さいこ)、升麻(しょうま)、黄耆(おうぎ)、枳実(きじつ)などです。西洋医学にはないこの薬の作用で脱肛はよくなります。
手術以外に脱肛を治すことができるのは漢方しかありません。無論、脱肛の程度によっては手術でしか治らないこともありますが、手術するか迷う時は漢方治療を試してみることをお勧めします。

平均治療期間

6~9か月 (一応の目安です)

実際の症例

N.K.様(66歳)女性
数年前から脱肛に悩まされていました。脱肛を治す薬を飲むとすぐに効果が出て、指で肛門から出た腸を押し込む必要がなくなりました。調子が良いので半年以上続けて飲んでいただいています。

痔核(いぼ痔)

疾患・症状

痔核(いぼ痔)肛門の周囲には静脈叢(じょうみゃくそう)と呼ばれる静脈が、網の目のように集まった場所があります。その静脈の一部が大きくなったものが痔核です。
肛門より上にあるのが内痔核、外にあるのが外痔核といいます。痔核は静脈瘤なので、血栓ができて血流が止まると腫れて痛みが出ます。
痔核は固い便でこすれて出血を起こすこともあります。出血が多い割に痛みがないのが切れ痔との区別になります。

西洋医学での主な治療

レーザー、メス、注射などで治療します。
また市販薬として塗り薬などが売られています。
保険漢方薬として乙字湯があります。ある程度効きすが、下剤の成分が多すぎて使いずらいものです。

香杏舎銀座クリニックでの治療法

便秘で怒責(気張ること)すると静脈の圧が高まって痔核ができやすくなります。また女性の場合、妊娠して大きくなった子宮が腹部の静脈を圧迫して血液の流れが悪くなり痔になりやすくなります。

まず便を柔らかくすること、次に血流をよくすること、さらに肛門周囲の筋肉の緊張を高め、粘膜を丈夫にする必要があります。
大黄や桃仁(とうにん)で便を柔らかくし、肛門周囲の筋肉を丈夫にし、さらに血流を良くする生薬を含んだ丸剤で治します。
血栓ができた時にも漢方薬がよく効きます。
漢方治療の一番のメリットは診察の時にお尻を出さなくてすむ、ということかもしれません。

当院では診断があいまいなときは、肛門科を受診するように勧めています。

平均治療期間

3~4か月

痔が腫れて痛む時は漢方薬がよく効きます。
ただ、痔を完全に漢方で治すことはできないと思います。

まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

医院情報へ

診療所について

- 漢方治療 -

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~受診希望医院をお伝えください~

(関東方面の方)

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:00~18:00
土 曜 日10:00~13:00

(関西方面の方)

順天診療所(神戸)

毎月第2・4金曜日
10:00~11:30/13:30~15:00

香杏舎で診察をお考えの方へ

ページの上へ

東京・神戸共通ご予約電話

 TEL.03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金曜 10:00~18:00
土  曜 10:00~13:00

香杏舎銀座クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4
ヒューリック西銀座第2ビル3階
順天診療所(神戸)
〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町3-3-13
Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.