東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック(旧ヒガサクリニック)】で!-神戸では【順天診療所】で漢方治療を行っています!-

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

漢方治療

狭心症

疾患・症状

心臓の血管心臓に血液を送っている血管(冠動脈)が狭くなるのが原因です。体を動かすと心臓に行く血液量が足らなくなり、胸を締めつけられるような痛みが起こります。

心臓を養っている血管は3本あり、お互いに独立しているため一本の血管が細くなると他の血管から血が流れてくることがないこと、また心臓は全身に血を送る大切な役目があるということで、重大な症状を引き起こしてきます。

血管が細くなる原因は、動脈硬化や血管の痙攣です。血管が完全に詰まると血管が支配している地域の組織が死んでしまって機能を失います。これを心筋梗塞と言います。

西洋医学での主な治療

薬での治療心臓の血管を広げて心臓にいく血流をよくするために、ニトログリセリンなどの薬を飲む治療法と、心臓の仕事量を減らすβ遮断薬という薬を飲む2つの方法があります。
手 術【心臓カテーテル治療】
冠動脈に管(カテーテル)を入れて狭くなった部位を風船で膨らませて広げ、狭くならないようにステントという金属の網を広げて血管内に留置する治療法です。
心臓にステントを入れると血液が凝固しないように毎日薬を飲まないといけなくなくなります。
【心臓バイパス手術】
血管を移植してあたらしくバイパスの血管をつなぐ治療法です。

香杏舎銀座クリニックでの治療法

漢方では冠心Ⅱ号方という薬があります。近年になって中国医学科学院で作られた薬です。

赤芍(せきしゃく)、川芎(せんきゅう)、紅花(こうか)、丹参(たんじん)、降香(こうこく)からなる薬で、大変よく効きました。しかし、丹参のいいものが入らなくなり、効きが悪くなりましたので、当院では他の血流を良くする丸薬を作り、使用しています。

基本的に西洋医学で治療すべき病気ですが、西洋医学での治療が手詰まりの時や再発予防には漢方を併用するといいと思います。
漢方には瘀血(おけつと読む※漢方治療における体質の重要性の項目を参照)という考え方があり、狭心症も瘀血(おけつ)であり、これを治す漢方薬が狭心症に良く効くか
この薬は心臓のみならず脳梗塞も大変効果があります。

平均治療期間

1~2年

実際の症例

Y.N.様(63歳)女性
病院に入院していますが少しでも歩くと狭心痛が出現します。トイレに行くにも狭心発作がおこるので、漢方薬を投与することで症状が改善しました。
下図は心臓シンチの写真です。横断面ではチクワの一部が欠けたように見える場所、縦断面でみると湯飲みの底が抜けたように見える部分が虚血部位です。西洋薬に漢方を併用することで虚血部位 に血が通うようになって、虚血部位は消失しました。

心臓シンチの写真

不整脈

疾患・症状

心臓のしくみ図脈は1分間に60~100回、規則正しく打つのが正常とされています。リズムが乱れたり、早すぎる、もしくは遅すぎることを不整脈といいます。
脈は電気的に記録でき、心電図と呼ばれます。最初の小さな波がP波で心房の収縮を示し、次の大きな山をQRSといい、心室の収縮を示しています。脈は洞結節から起こり、電気刺激が房室結節へと伝わりその後心室全部が収縮します。(赤い点線が電気の伝わる経路)

不整脈でも症状の出ない場合もありますが、心室性の場合は息切れ、動悸などの症状を起こします。失神するような重症の不整脈もあります。原因が不明の不整脈が多いようです。一般的に心房性の不整脈は治療の必要がなく、心室性の不整脈が治療の対象になります。

西洋医学での主な治療

抗不整脈剤を投与します。
手術としては不整脈を起こしている部分を見つけて、そこを心臓カテーテルで焼いてしまうこともあります。
原因不明の不整脈は薬が効きにくいケースが多いように思います。

香杏舎銀座クリニックでの治療法

当院で治療の対象になる不整脈は心室性の不整脈で、西洋薬で治りにくい場合です。丸剤も効きますが整体や刺絡(背中から血を出す治療法)がよく効きます。
香杏舎ノート第3回「東洋医学で心臓病を治す」をご参照ください。
※東京では刺絡は現在しておりません。

平均治療期間

3~6か月

実際の症例

K.K.様(55歳)男性
1~2年前から不整脈が起こるようになりました。西洋医学の治療を受けていますが先月は12回も不整脈が起こりました。
整体を受けて少しよくなりましたが、まだ不整脈が出るといいます。患者さんはお腹にガスが溜まると不整脈が起こる気がするといいます。
(※気滞体質(ガス腹体質)を参照ください。)
そこで薬を処方しました。丸剤はお腹のガスを減らす薬です。すると3か月でほとんど不整脈は出なくなりました。

以前、神戸で開業しているときに愛知県から不整脈の患者さんが来院しました。上半身を右にひねると不整脈が出るといいます。香杏舎ノートを読んで体の歪みが不整脈を起こすということに興味をもったそうです。合計3回の整体で不整脈は消失しました。
体の歪みは不整脈のみならず、多くの病気の原因になっていると思います。
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

医院情報へ

診療所について

- 漢方治療 -

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~受診希望医院をお伝えください~

(関東方面の方)

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:00~18:00
土 曜 日10:00~13:00

(関西方面の方)

順天診療所(神戸)

毎月第2・4金曜日
10:00~11:30/13:30~15:00

香杏舎で診察をお考えの方へ

ページの上へ

東京・神戸共通ご予約電話

 TEL.03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金曜 10:00~18:00
土  曜 10:00~13:00

香杏舎銀座クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4
ヒューリック西銀座第2ビル3階
順天診療所(神戸)
〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町3-3-13
Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.