東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック(旧ヒガサクリニック)】で!-神戸では【順天診療所】で漢方治療を行っています!-

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

漢方治療

漢方治療

本院の漢方治療の基本は丸薬による自費診療になります。
(詳しくは 丸剤製造について をご覧ください。)
基本的に丸薬をお出しする理由は次のとおりです。

現在、医師の7割が保険漢方薬を使用しています。大学病院でも広く保険漢方薬が処方されているのは、皆さんご存知の通りです。また医学部では漢方についての講義がなされ、私も非常勤講師として医学生に漢方を教えています。つまり保険の漢方薬は一般の西洋薬と同様に多くの医師によって処方されています。私どものような漢方専門の医院を受診される患者さんの期待に応えるためには、どうしてもオーダーメイドの丸薬を用いて病気を治療していかねばなりません。現在、多くの有名大学にも漢方外来がありますが、そのほとんども保険のエキス漢方であります。
こういった施設を受診してよくならない患者さんを治したいと考えています。そのためには特殊な漢方薬がどうしても必要です。

北京で買い求めた桑菊飲私は保険の漢方薬は1日量が少ないのではないかとの印象を持っています。沢山の量を使えればある程度効くと思いますが、保険診療では許可されていません。
右の写真を見てください。北京で買い求めた桑菊飲という風邪薬です。一回10-20gを1日2-3回熱いお湯で飲めと書いてあります。最大60gの量になります。日本のエキスの1日量は7.5gなので、作り方が違うにしても日本のエキス漢方の1日量は少ないという印象を持っています。本来は保険で診療したいのですが、量が少なく、また何種類も薬を重ねて出すこともできません。
少ない量でもうまく効かせるのが名医だと言われれば、それまでですが、難しい病気を治すのは困難だと感じています。そういった事情から自費診療をお勧めします。

まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

医院情報へ

診療所について

- 漢方治療 -

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~受診希望医院をお伝えください~

(関東方面の方)

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:00~18:00
土 曜 日10:00~13:00

(関西方面の方)

順天診療所(神戸)

毎月第2・4金曜日
10:00~11:30/13:30~15:00

香杏舎で診察をお考えの方へ

ページの上へ

東京・神戸共通ご予約電話

 TEL.03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金曜 10:00~18:00
土  曜 10:00~13:00

香杏舎銀座クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4
ヒューリック西銀座第2ビル3階
順天診療所(神戸)
〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町3-3-13
Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.