東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック(旧ヒガサクリニック)】で!-神戸では【順天診療所】で漢方治療を行っています!-

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

民間治療見聞録

最終話「最後に」

先輩の漢方医が重症の肝炎から生還できたという話を聞いて、民間治療を医療にするための旅に出て30年以上の時間が過ぎた。様々な経験を通して伝承されてきた民間治療は少し改良するだけで現在でも医療として十分に有効であり、多くの難病を治せると確信するようになった。
私の施術を求めて遠方から来院される患者さんも多い。兵庫県から泊りがけで治療を受けに来られる人、静岡県、長崎県の人もいる。地方に良い施術師はいないのかとの質問を受けることも多いが、お任せできるような人がいるとは思わない。

困っている患者さんのために何か出来ないかを考えた。
そこで私がマッサージ師に教える施術の基礎の基礎を患者さんに学んでもらい、夫婦、友人、親子などのカップルで治療し合ってもらえればいいのではないかと考えている。
簡単で、時間がかからず、施術する人も疲れない。施術時間は5-7分。毎日互いが施術し合えば、効果が上がるだけでなく腕も上がる。
現在、多くの人が整体、整骨院、マッサージに通っているが、行きたい時に行けない、治療を受けてもすぐに元にもどってしまうとの悩みを持っている。日常の疲れや肩こりを取るくらいなら十分に学んでもらえるはずだ。

難しいところは私のクリニックで治せばいい。そういった勉強会を開きたい。世の中に料理教室があるように家族の肩こり、疲労を取ってあげる教室があってもいいと思う。

難病と闘うのは容易なことではない。どうすれば治るのか、どうすれば少しでも効くように出来るのか、そういったことを考え、悩む日々が続いている。病気に対して全身全霊で立ち向かっても、おいそれとは治す糸口は見えてこないこともある。
しかしながら何度も何度も試行錯誤を繰りかえすうちに次第に解決方法が見えてくる。これからも努力していかねばならない。

自作の棒

自作の棒

最後に背中を押す自作の棒をお見せしよう。

背中の起立筋は上半身を支えているので硬くて女性の指の力では緩みにくい。そこで様々な棒を作り、安全で効果のいい棒を考えてきた。その一つがこの棒だ。

左右の起立筋の幅は背中の上部と下部では違うので、1センチずつ4段階に分けて治せるように試作したものだ。
残念ながら作ってみたらまったく上手くいかなかった。

  • 香杏舎で診察をお考えの方へ
  • 遠隔診療について
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

医院情報へ

診療所について

- 読み物 -

RSS

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~受診希望医院をお伝えください~

(関東方面の方)

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:00~18:00
土 曜 日10:00~13:00

(関西方面の方)

順天診療所(神戸)

毎月第2・4金曜日
10:00~11:30/13:30~15:00

香杏舎で診察をお考えの方へ

ページの上へ

東京・神戸共通ご予約電話

 TEL.03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金曜 10:00~18:00
土  曜 10:00~13:00

香杏舎銀座クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4
ヒューリック西銀座第2ビル3階
順天診療所(神戸)
〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町3-3-13
Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.