東京銀座で、漢方・整体・鍼灸治療なら【香杏舎銀座クリニック(旧ヒガサクリニック)】で!-神戸では【順天診療所】で漢方治療を行っています!-

香杏舎銀座クリニック:ご予約Tel.03-6228-6763

漢方医

第6話「山本先生亡き後、漢方の発展を考える」

kan2_3_1さて、私は丸薬作りばかりに明け暮れていたわけではない。遊んでもいた。趣味はゴルフであることは前編にも書いた。ゴルフは楽しいが、雨の日にだけはラウンドしたくない。グリーンが濡れるとボールが転がらないし、カッパを着てプレーすると体が回らないのでボールが飛ばない。本来、ゴルフは雨の日でするスポーツではない。だが、日本では雨を理由にキャンセルすると裏切り者のように言われる。ゴルフに行くためにわざわざ休みを取っている人もいるから雨を理由に中止できないからだろう。ゴルフ場も客足が減っては困るからキャンセルを嫌がる。そんなわけで雨でもゴルフが強行される場合が多い。

私の入会したゴルフクラブはメンバー数が1200人と少なく、入会資格として他の2つのKGU加盟のゴルフクラブに入ることも義務づけていたからいつも空いていた。メンバーになってキャディマスター室と馴染になると予約なしで行くようになった。朝の天気で出かけるかどうかを決める。こんな風だから一緒に行くのは嫁さんだけ。夫婦なら約束を取り付ける必要がない。クラブに着くといつでも一番先にスタートさせてくれる。ツーサム(2人でラウンドすること)だから、しばらくすると後ろの4-5ホールは誰もいなくなる。自分専用のゴルフクラブのような感じでラウンドを楽しめた。疲れるとティーインググランドやグリーン横に腰を下ろして休憩する。スル―で回るから12時にはプレーを終了できる。

日本のどんな名門コースでも予約なしでいつも一番スタート、ツーサム、スル―を許してくれるクラブはない。そんなプレーを10年間、400回位続けただろうか。そのクラブが他のクラブに身売りされるまで楽しいゴルフは続いた。
ゴルフ場へは田舎道を1時間余り走る。夏は田植えのすんだ青々とした緑が道の両側に広がり、秋には実をつけた柿の木を民家の庭先に見ることが出来る。そんな時、車の屋根を開けて風を感じて走る。私が車の屋根を開けると妻が日に焼けるとか頭が熱いなどと文句をいうが、妻がハンドルを握っているときに私が屋根を開けても文句を言わない。横に乗っているのは嫌でも運転はとても楽しいのだ。

ある時、妻と回っている時に私が80センチほどのパットを外した。下りのパットで少し強く打つと遠くに転がって行ってしまいそうだった。そんなことを考えながら打つとショートしてしまった。パットはホールを少し行き過ぎるように打たなければ、永遠にホールに入らない。私が悔しがっていると、妻が「弱虫、意気地なし」と声をかけた。それを聞いて私はパットを持つ手がワナワナ震えるほど腹が立った。自分でもそう思っていたからだ。一呼吸してから顔を上げ、妻に「確かにそうだ」と返事をした。ゴルフはそこが面白くもあり、厳しいところでもある。

さて、こんな日々の中、山本先生は亡くなられてしまった。先生から教えていただいた処方をただ使っていた私の心に去来したものは、[もう教えてくれる人はいない、どうしたらいいのだろう?]という思いであった。多くの弟子たちの気持ちも同じだったと思う。あまりに偉大な先生だったので、弟子たちは先生の教えてくれる処方を理解して使うことに明け暮れていた。先生が教えてくれた以外の処方を古典からみいだして使っていくことはとても出来そうもないことに思えた。

リゾートホテルの庭園に置いてある椅子。ここに座って考え事をするのが好きだ。

リゾートホテルの庭園に置いてある椅子。ここに座って考え事をするのが好きだ。

ある日、私はリゾートホテルでぼんやり考えごとをしていた。私はどこでも考え事をするので、家族には交通事故に合わないように注意されているほどだ。その時、山本先生の教えてくれた漢方を自分なりに発展させることが出来る方法を思いついた。「そうだ。丸剤を使って処方の解析を行おう」と思ったのだ。本に出会ってから11年の歳月が流れていた。
山本先生は私たちによく効く処方をたくさん教えてくれた。だが処方を構成する生薬たち一つ一つの性質を詳しく調べることまでは手が回らなかった。いや、少しずつはされていたのだが、いかんせんそこには大きな問題があった。

私の母は膝が悪くて山本先生にかかっていた。ある時、先生は幾つかの生薬が混ぜてある処方ではなく単味の生薬を出された。漢防已(かんぼうい)という薬だ。その生薬だけの効果を知りたくて単味の生薬を出されたのだと思う。本来なら防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)の中に入れるはずなのに、漢防已だけの効果を確かめるべく単独で出された。生薬を単味で飲むのは大変難しい。とても我慢強い母でも何度も吐いて飲むことが出来なかった。だが丸剤にすればできる。味も匂いもしない。そうだ!私は山本先生が出来なかった仕事、つまり一つ一つの生薬解析に丸剤を使おうと思いあたったのだ。

保険漢方薬は幾つかの生薬が混じってエキスにされているから単味の生薬の効果を知ることは出来ない。生薬は単味で出すとまずくて飲めない。でも単味でなく幾つかの生薬が混じった処方で出すと飲みやすいのは何故か?それは甘草(かんぞう)という生薬が入っているからだ。甘い味のする生薬で、漢方処方全体の70%にこれが混ぜられている。

  • 香杏舎で診察をお考えの方へ
  • 遠隔診療について
まずはお電話でご予約ください(東京・神戸共通ご予約電話)香杏舎銀座クリニック 03-6228-6763

患者さまお一人お一人にゆっくり向き合えるように、「完全予約制」で診察を行っております。
診察をご希望の方はお電話でご予約ください。

医院情報へ

診療所について

- 読み物 -

RSS

ご予約はこちらから

予約電話Tel:03-6228-6763

~受診希望医院をお伝えください~

(関東方面の方)

香杏舎銀座クリニック

月~金曜日10:00~18:00
土 曜 日10:00~13:00

(関西方面の方)

順天診療所(神戸)

毎月第2・4金曜日
10:00~11:30/13:30~15:00

初診の方へ

ページの上へ

東京・神戸共通ご予約電話

 TEL.03-6228-6763

(電話対応時間)
月~金曜 10:00~18:00
土  曜 10:00~13:00

香杏舎銀座クリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目2-4
ヒューリック西銀座第2ビル3階
順天診療所(神戸)
〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町3-3-13
Copyright ©1999 香杏舎銀座クリニック All Rights Reserved.